2019.07.26

【日本IFA(独立系金融アドバイザー)フォーラム2019】が開催され、弊社代表・友田行洋が登壇しました。

2019年7月26日(金)に、日本IFA(独立金融アドバイザー)フォーラムが開催されました。

今年で当フォーラムも3回目となり、参加者数は回を追う毎に増え続け、金融業界でIFAへの注目度がますます高くなっていることが感じられました。

例年に続き、金融庁の基調講演があり、総合政策局・石村様に「顧客本位のアドバイザーの育成に向けて ~金融機関の顧客本位の業務運営の取組みと顧客意識~」という題目にてお話頂きました。金融庁は、金融機関が自社の利益優先ではなく顧客に向き合ったサービスの提供に取り組むよう、尽力しています。日本において顧客第一のサービスを普及させるために、アドバイザーの選択肢の一つとしてIFAへの期待が大きくなっています。

弊社代表・友田は、例年に続き、業界を先導するIFAとして「顧客セグメンテーションと新規開拓、関係強化の取り組み」について講演いたしました。登壇では、IFAを選ぶ個人投資家はどうして大手金融機関からIFAへと相談相手を変えるのか、そしてたくさんのIFAがある中でも弊社独自の強みはどこにあるのかということについて、お客様の実際の相談事例も参考にしながら、お話しさせて頂きました。

私たちは、「正しい仕事で人を幸せにする」を理念として、お客様にとって唯一無二の存在となることを目指し、お客様により良いサービスを提供し続けられるよう努めて参ります。